ひとり暮らしを楽しい快適な生活にするために

ひとり暮らしの掃除のコツ

ひとり暮らしになったら自分の部屋以外にも台所やトイレ、お風呂の掃除をしなければなりません。 面倒だからと掃除をしないままでいると、散らかった部屋や汚れたトイレやお風呂を見るたびに、気分が落ち着かなくなったり生活がだらしなくなり、ストレスもたまるかもしれません。
掃除は週1回で十分と思いがちですが、毎日数分でもサッと掃除をする習慣をつけると、汚れもひどくならないし、気持ちのいい部屋で過ごすことができます。
掃除の基本を覚えて気持ちのいい部屋をつくるようにしましょう。

部屋の掃除のコツ

■窓ガラス
窓ガラスは水拭きをしたら、から拭きをするが基本です。古新聞を湿らせて拭くと、洗剤がなくてもピカピカになります。

■フローリング
掃除機は奥から手前に向かってかけます。板の継ぎ目はほこりがつまりやすいので、すき間ノズルなどで吸い取ります。 汚れがひどいときは、洗剤で拭き掃除もしましょう。

■カーペット
カーペットは部屋の中心から、毛並みに逆らうように掃除機をかけます。手軽にするには粘着ローラーでゴミをとるだけでもOKです。

■畳
畳は水分を嫌うので、畳の目に沿ってから拭きをします。 汚れがあるときは、住居用洗剤を入れた水に雑巾を入れて、固く絞って拭きます。そのあと乾いた雑巾で水分を拭き取り、しっかり乾燥させます。

■家具
木製の家具はから拭きが基本です。汚れが目立つ場合は、中性洗剤を入れた水に雑巾を入れて、固く絞って拭きます。

■家電
・テレビ⇒テレビやDVDは水けを嫌うので、柔らかい布でほこりを払ったり、から拭きをします。 細かいところは、歯ブラシや綿棒などできれいにします。AV機器専用の静電気防止スプレーをかけておくと、ほこりを防ぐことができます。
・エアコン⇒エアコンのフィルターはホコリがたまると、電気代が余計にかかってしまいます。 節電のためにも、月に1度くらいはフィルターを外して、掃除機でホコリを吸い取るようにします。 汚れがひどいときは、たわしや歯ブラシでこすり洗いをし、日陰で乾かします。
・照明⇒照明は静電気や熱によって、ホコリや汚れを集めやすくなっています。そのせいで薄暗くなっていることもあります。照明を掃除すると明るくなり、節電にもなります。 まめに掃除をするときは照明をつけたままで、ハンディワイパーで照明のホコリを落とします。汚れがひどいときは、プラスチックやガラスのシェードは、住居用洗剤をスプレーして布でふいたり水洗いをします。 紙製や布製の場合は水洗いできないので、まめにホコリをとるようにしましょう。

■カーテン
カーテンは洗濯機で洗える表示があるものは、フックを外してたたんで洗濯機で洗います。脱水は軽くしてフックを取り付け、そのままカーテンレールにかけて自然乾燥させます。 カーテンを外したら、ついでにカーテンレールも掃除しましょう。軍手をしてカーテンレールを握って動かせばきれいになります。

 [スポンサーリンク]

台所の掃除のコツ

■ガスレンジ
ガスレンジは油汚れやふきこぼれで汚れたら、すぐにぬれ雑巾で拭くことが大事です。油汚れ専用の紙クリーナーを使うのも便利です。 汚れをそのままにしておくと、こびりついて頑固な汚れになってしまいます。
◎頑固な汚れを落とすには?
五徳と受け皿を外して、汚れに重曹をかけておき、しばらくおいたら古歯ブラシなどでこすり落とします。

■水周り
・シンク⇒シンクの汚れは、クリームクレンザーをスポンジにつけて磨きます。白い水あかは水道水の残留塩素なので、クエン酸が効果があります。 スプレーボトルに水500ccとクエン酸大さじ1杯を入れてよく混ぜ、シュッとスプレーしてしばらくおいておき、スポンジでこすります。 レモンのクエン酸も効果があります。レモンの切り口でシンクを磨くときれいになります。
・蛇口まわり⇒古歯ブラシに練り歯磨き粉をつけて蛇口をこすり、洗い流して拭き取るときれいになります。
・排水⇒排水口のヌメリを取るには、重曹と酢が役に立ちます。 排水口に重曹を1カップ振りかけ、さらに酢を50ccかけておきます。しばらくおいておくと、汚れが浮き上がってくるので洗い流します。

■冷蔵庫
通常は重曹水で拭き洗いをするだけです。水500ccに重曹大さじ1~2杯を混ぜたものをスポンジにつけて拭きます。そのあと水拭きをするときれいになり、いやな臭いもなくなります。 1ヶ月に1回は中身を全部出して、消毒用エタノールで拭いて殺菌しましょう。

■電子レンジ
電子レンジで加熱後、レンジ内が温かいうちにふきんで拭き取ります。 使用後、時間が経ってしまったら、耐熱器に水を入れて数分加熱すると蒸気がでてくるので、汚れが拭き取りやすくなります。

浴室トイレ、洗面所の掃除のコツ

■浴室
お風呂の掃除は、入浴後に熱めのシャワーを壁や床にかけ、その後冷水シャワーをかけます。カビ防止のために換気もしっかりしておきます。 浴槽は、通常はバス用洗剤をスプレーし、スポンジでこすり水をかけます。 入浴後に浴槽に重曹を1カップいれておき、翌日にブラシでこすると汚れが落ちてきれいになります。

■トイレ
トイレはこまめにブラシで磨くようにするときれいに使えます。使い捨ての紙クリーナーは便器や床、壁まで拭きとれるので便利です。 頑固な汚れはトイレ用洗剤を使って落とします。

■洗面所
洗面台は歯磨きしながら、もう片方の手でこすり洗いをしておくといいでしょう。 蛇口まわりの水垢はアルカリ性の汚れなので、酸性のクエン酸水(水1カップにクエン酸小さじ1杯)をスプレーし、布で拭き取ります。

↑ PAGE TOP