ひとり暮らしを楽しい快適な生活にするために

食材の切り方

■基本的な食材の切り方
▽薄切り⇒薄く切る切り方。約1mmくらいの薄さです。たて薄切りは繊維に沿って薄く、よこ薄切りは繊維に対して直角に薄く切ります。
▽せん切り⇒薄切りにしてから、細長く切ります。
▽斜め切り⇒斜めに包丁を入れて切ります。
▽小口切り⇒小口とは端のことで、細長い材料を端から切ります。
▽乱切り⇒形が不規則になる切り方で、材料を回しながら斜めに切っていきます。
▽ざく切り⇒葉菜類を3~4cm幅で切ります。
▽くし形切り⇒切った形がくしの形になるように、中心から放射状に切ります。
▽そぎ切り⇒材料をそぐように切ります。
▽輪切り⇒筒状の材料を端から一定の厚さで切ります。
▽半月切り⇒筒状の材料を半月の形になるように、たて半分に切ってから、端から一定の厚さで切ります。輪切りの半分の大きさになります。
▽いちょう切り⇒たて4つ割りにしてから、いちょうの形になるように切ります。半月切りのさらに半分の大きさになります。
▽拍子木切り⇒拍子木のような四角柱の形に切ります。
▽さいの目切り⇒拍子切りにしてから、さいころのような正六面体に切ります。
▽角切り⇒さいの目切りより大きい切り方です。
▽短冊切り⇒短冊のように薄い長方形になるように切ります。
▽みじん切り⇒細かく切ります。1~2mm角の大きさになります。
▽ささがき⇒細長い材料を鉛筆を削るように包丁を寝かせて薄くそいていきます。切った形が笹の葉に似ているのでささがきといいます。

 [スポンサーリンク]

↑ PAGE TOP