ひとり暮らしを楽しい快適な生活にするために

ひとり暮らしに必要な家具の選び方

部屋を広く使いたいときは、大きな家具を置くのはNGです。なるべくシンプルでコンパクトなものを選びましょう。 インターネットで家具を購入する場合は、サイズや購入先をよく確認し、部屋に合わなかったら返品可能かどうかなどもチェックしておきます。
⇒家具を通販で購入する
 ベルメゾン  ニッセン、ニトリ、

◎ベッド、布団
ベッドは面倒くさい人、手入れをする時間がない人に向いているといえます。 布団はこまめに干したり、上げ下ろしができる人に向いているでしょう。 ベッドにするか布団にするか迷っている場合は、取りあえず布団を購入して、生活が落ち着いてきてベッドが必要だと感じたらベッドを購入するのがいいでしょう。

■ベッド
▽メリット
・帰ってきたときにすぐに寝られて便利
・ベッド下が収納スペースになっている
・布団の上げ下ろしがないので、ほこりが舞いにくい
▽デメリット
・ベッドを置くと常にスペースが占領されて、部屋が狭く感じる
・布団がずり落ちやすい

■布団
▽メリット
・たたんでしまえば部屋が広く使える
・寝相が悪くても、落ちない
▽デメリット
・布団の上げ下ろしが面倒で、万年床になることも
・布団をしまうスペースが必要
・フローリングの床に直接置くと、布団の裏と床に湿気がこもり濡れやすくなる。

 [スポンサーリンク]


◎その他のベッド

■ロフトベッド
ロフトベッドはベッドの下が机やソファーを置いたりできるスペースがあるベッドです。
メリットは狭い空間が効率よく使えて、家具をまとめて置けるので魅力があります。
デメリットは就寝時に天井が近くなるので、圧迫感を感じたり起き上がると頭をぶつけたりすることがあります。

■ソファーベッド
ソファーベッドはソファーとベッドが一緒になったもので、1台2役の使い方ができます。
▽メリット
・ソファーとしてたたんでおけば部屋が広く使える。
・来客のときにベッドにできる。
▽デメリット
・ベッドとしての機能が弱くなっており、寝心地が悪い
・ソファーにするときは布団の上げ下げが必要
・クリーニングや干すことができない

■折りたたみベッド
▽メリット
・折りたたんで部屋の隅に置けるので、部屋を広く使いたいときには便利です。
・自由に動かすことができるので、掃除するときも楽ですし、動かすことで湿気が溜まるのを軽減できます。一般的に価格が安くなります。
▽デメリット
・折りたたみベッドは固定ベッドよりも安定性や強度、寝心地が劣っています。
・折りたたみすのこベッドは、すのこ状になっているため通気性がいいです。布団を置いたまま日向に干すこともできます。

◎テーブル
テーブルで何をするかによって、大きさや高さが決まってきます。
スペースを有効に使いたいときは、四角いテーブルがおすすめです。壁に付けることで、部屋を広く使うことができます。
パソコンをする時間が長く、部屋のスペースがある場合はパソコンデスクと椅子を用意しましょう。 できればパソコンデスクで食事をすることは避けます。どうしても一緒になるときは、ノートパソコンにして食事のたびに片付けるのが理想です。

◎収納家具
収納するものが何なのか、どのくらいの量なのかによって収納家具を選びます。
・スチールラック、スチールシェルフ
重いものが収納でき、サイズを選べて棚板の数や高さも調節できます。本や家電、洋服など何でも収納できて、機能性が高い収納家具です。 収納ボックスや棚を使えば、小分けができて綺麗に収納できます。
・カラーボックス
カラーボックスは値段が手ごろで、カラーも豊富です。 重ねたり並べたり組み合わせて使うこともできるので、いろいろと活用ができて便利な収納家具といえます。

◎カーテン
ひとり暮らしには、外から室内を覗かれることを防ぐためにカーテンは必需品です。 カーテンを選ぶには、サイズや種類をチェックしておきます。
▽カーテンのサイズの測り方
・幅
カーテンレールの長さに5%くらいの長さを足してゆとりをもたせます。カーテンレールの長さ×1.05cm
・丈
床まである窓(掃き出し窓):ランナー(カーテンのフックをかけるリング)から床までの長さを測り、外側の厚手カーテンは1~2cm短く、レースカーテンはさらに1cm短くします。
床までない窓:ランナーから窓枠の下まで測り、15~20cm長くします。
▽カーテンの色
・壁の色に合わせる:壁の色にカーテンを合わせると、窓の存在がやわらぎ、部屋を広く見せる効果があります。
・家具やインテリアの色に合わせる:同系色にすると統一感がでて、まとまった雰囲気になります。
・明るい色:天井を高く見せお部屋を広く見せる効果があります。
▽二重カーテンにする
内側はレースカーテンで、昼間はレースカーテンだけにして外側が見えるようにします。 外側は厚手のカーテンで、夜はレースカーテンと厚手のカーテンと二重にします。厚手のカーテンは遮光のほうがおすすめです。

■ブラインド
ブラインドの素材は、プラスチックや金属、木製などがあります。羽根を動かして光をコントロールでき、断熱性にすぐれています。 羽根にほこりがたまるので、掃除をするのに手間がかかります。

■ロールスクリーン
1枚の生地でできており、それを上下に開閉することで開口部の広さが調節できます。 窓に使う以外にも、部屋の間仕切りなどに使えます。

■座布団、クッション

↑ PAGE TOP