ひとり暮らしを楽しい快適な生活にするために

引越し1~3日前にすること

▼引越し先の電気、水道、ガスの手続き
・電気と水道は引っ越してから「使用開始申込書」を投函します。
・ガスはガス会社の人の点検が必要なので、引越しの日に供給の立会いをしてくれるように事前に連絡を入れておきます。

▼すでに賃貸住宅に暮らしていて引越しをする場合
○電気、ガス、水道会社に連絡
・電気、水道
契約している電気会社、水道局に電話連絡をして清算をするようにします。新住所での電気、水道はすぐに使える場合が多いですが、開始申込書を郵送することもあります。 *電気の周波数が違う場合
関東地方から北は50ヘルツ、中部地方から西は60ヘルツが使われているので、電気器具がそのまま使えない場合があるので注意しましょう。最近では周波数の切り替えができる製品もあります。 例:電子レンジ、洗濯機など
・ガス
ガスの供給を停止する日を連絡しておきます。新住所でのガスの供給の開始には、ガス会社の人の立会いが必要になるので、引越し当日に立ち会ってもらえるように早めに連絡をしておきます。 ガスは都市ガスやプロパンガス、LPガスなどがあり、手持ちのガス器具が対応できるかどうか事前に確認しておく必要があります。
○新聞配達店、NHKに連絡
新聞をとっている人は、電話で停止することを連絡し清算をします。NHKは電話(0120-151515)で移転先を伝えます。
○家電の引越し準備
・冷蔵庫
冷蔵庫の電源は前日に抜いておき、霜取りをしておくことが大切です。 引越し当日に電源を抜いた場合は、冷蔵庫内の霜が溶け出して他の荷物が水浸しになる可能性があるからです。 前日には冷蔵庫の中身を片付けておくのが理想ですが、できなかったらクーラーボックスに入れて運ぶようにしましょう。 冷蔵庫は転移先に搬入して1時間以上たってから電源を入れます。
・石油ヒーター、石油ストーブ
灯油が中に残っていると危険なので、空焚きをして灯油を使い切っておきましょう。
○近所への挨拶
今までお世話になった方や近所の方に挨拶をしておきましょう。 手みやげを持っていくのもいいですが、何もなくても問題はないと思います。「長い間お世話になりました」「引越しの作業でご迷惑をおかけします」などと声をかけておきましょう。

 [スポンサーリンク]

↑ PAGE TOP