ひとり暮らしを楽しい快適な生活にするために

栄養の基本は3色の栄養素

3色の栄養素とは、身体に必要な栄養素を赤、 黄、緑で表した食品分類法です。 この3色を上手に組み合わせて、栄養素をバラ ンスよく摂るのが大切です。
1日30品目を食べ ようとよくいわれますが、なかなか難しいもの です。1週間単位で3色が足りているかチェック して、不足を補うようにしましょう。

・赤
肉、魚、豆、乳製品など
たんぱく質をたくさん含んでいます。 内臓、筋肉、骨、血液などの骨組みをつくる働 きをする栄養素です。 不足すると筋肉がつかなかったり、骨がもろく なったり貧血になりやすくなります。

・黄
米、パン、麺、いもなど
炭水化物、脂質をたくさん含んでいます。 体を動かしたり体温を保つ働きをする栄養素で す。 不足すると気力、体力がおとろえてしまいます 。

・緑
野菜、海藻、果物など
ビタミンA、Cやカルシウムやヨードのミネラル 類を含んでいます。 体の調子を整え、皮膚や粘膜を保護する働きが あります。 不足すると自律神経のバランスを崩したり、風 邪を引きやすくなったりします。

6つの基礎食品群

旧厚生省保健医療局が作成した「6つの基礎食品群」があります。
3色の栄養素がわかるようになったら、「6つの基礎食品群」を摂るようにしてみましょう。 6つの食品群のすべてから、1日30品目以上を選んで、バランスのよい食事をとるようにしましょう。

第1群:たんぱく質⇒魚、肉、卵、大豆製品
第2群:カルシウム⇒牛乳、ヨーグルト、チーズ、海藻、小魚
第3群:カロチン⇒緑黄色野菜
第4群:ビタミンC⇒淡色野菜、果物
第5群:糖質⇒穀類、イモ類
第6群:脂肪⇒油、バター

 [スポンサーリンク]

↑ PAGE TOP