ひとり暮らしを楽しい快適な生活にするために

防災対策~地震・火事・台風対策

ひとり暮らしになったら、地震や火事などの災害が起きたら自分で身の安全を守り、被害を最小限に食い止めるようにしなければなりません。 災害が起きてからではなく、起きる前に対処法を知り、備えを万全にしておくようにしましょう。

地震対策

■非常用持出袋を用意する
非常用持出袋は、避難をしたときに最低3日間自力で生きられるための備えです。中には最低でも次のようなものを入れておきます。市販のセットを購入してもいいでしょう。
半年に一度くらいは中身の確認をしておく必要があります。食料品や水は賞味期限が切れていないか、電池が切れていないかを確認しておきます。

食料水:水は1人1日3リットルが必要と言われていますが、重いものなので持ち出せる量を考慮して用意します。
食料品:水や火を使わないで食べられるもの。乾パンや缶詰など。
衣類、タオル
携帯、スマートフォンの非常用充電器
救急用品:包帯、ガーゼ、消毒液
衛生用品:ウエットティッシュ、石けん
現金
保険証や通帳のコピー

■家具が転倒しないように固定する
地震で家具の下敷きになることがないように、しっかりと固定しておきましょう。 賃貸の場合は、突っ張り棒で家具と天井を固定するのをおすすめします。他にも家具の滑り止めグッズや春だけの家具転等防止グッズがあります。

■家具の配置に注意する
家具が転倒したらベッドや就寝しているところを直撃する配置は避けます。なるべく低い家具を使うようにします。 逃げ道がふさがらないように、扉や玄関の近くに倒れやすいものを置かないようにします。

■割れ物の飛散を防ぐ
食器棚などのガラスの扉には飛散防止フィルムを貼ったり、留め金具をつけるのが効果的です。

■非常口を確認
非常階段へ出るのに非常口が荷物でふさがっていたり、鍵が必要だったりしていないかをチェックしておきます。 玄関から出られなくなった場合に、ベランダから隣の部屋や階下へ行けるかどうかも確認しておきましょう。

■帰宅ルートと避難場所を確認
電車は止まり交通網が麻痺して道路は大渋滞が起こることが予想されます。帰宅する場合に備えて、徒歩での帰宅ルートを確認しておく必要があります。 また避難場所とそこまでの経路も確認をしておきましょう。

◎地震が起きたら

・火を消す⇒ガスコンロなどで火を使っているときはすぐに消します。揚げ物などで火を止めるのが危険な場合は、消さずにそこから離れます。

・身を守る⇒あわてて外に飛び出そうとせず、テーブルや机の下にもぐって、頭をクッションなどで保護します。

・逃げ道を確保⇒地震後に建物が傾きゆがんで、ドアや窓が開かなくなることもあります。揺れの合間を見て、逃げる方向のドアや窓を開けておきましょう。

・避難をする⇒避難をする場合は、ガスの元栓を閉め電気のブレーカーを落とします。エレベーターは使えなくなるので、階段を利用します。 一次避難所に指定されている公共施設や学校などに歩いて向かいます。

 [スポンサーリンク]

火事対策

■火事の原因とは

・暖房器具 暖房器具をカーテンや洗濯物などの近くに置くのはやめましょう。燃え移って火事の原因になることがあります。

・たばこ⇒たばこの火が完全に消えるように、灰皿に水を入れておきます。

・トラッキング現象⇒プラグをコンセントの差込口に入れたまま放置していると、プラグとコンセントの隙間にホコリが溜まり、そこに湿気を含むと火花放電が起こり、ついには発火します。これをトラッキング現象といいます。 冷蔵庫やテレビ、洗濯機などは差し込んだままの状態が続きやすいので、時々はプラグを抜いて布で拭き取るようにしましょう。

・コード⇒コードが長いからといって、束ねたまま使うのは危険です。熱の逃げ場がなくなって高温になり、発熱することがあります。 また、コードの上に家具などをのせると、圧迫して発熱することがあるのでやめましょう。

・家の周り⇒家の周りに古新聞や段ボールなどの燃えやすいものを置くのはNGです。放火される危険があるので、ゴミに出すときには決められた日に出すようにしましょう。

・ガスコンロ⇒ガスコンロで調理中に来客があったり、離れたりするときには、火を消してから対処するようにしましょう。特に揚げ物をしているときには、必ず火を消します。

・火がつきやすいもの⇒接着剤やヘアスプレー、マニキュアなどは原料の中に火がつきやすいものが入っていることがあります。 製品ラベルに「危険物」「危険等級」「火気厳禁」などの表示があれば、それはすべて引火の危険があるので、火の近くでは使わないようにしましょう。

◎外出するとき、就寝するときは次のことをチェックする

  •  ガスの元栓
  •  ストーブ
  •  たばこ
  •  アイロン
  •  電気毛布
  •  テレビのスイッチ
  •  湯沸かし器の口火
  •  コーヒーメーカーのスイッチ

台風

台風情報をしっかりと確認し、備えるようにしましょう。停電に備えて、懐中電灯や携帯ラジオなどを準備しておきます。
ベランダに風で飛ばされそうなものがないかどうかチェックしておきます。物干し竿は下に下ろして、鉢植えなどは室内に取り込んでおきます。 雨戸やシャッターがあれば閉めておき、ない場合はガラスの飛散を防ぐため、窓にテープを貼るといいでしょう。⇒
古いアパートでは隙間から風や雨水が入ることもあるので、すき間テープなどを貼るといいでしょう。

↑ PAGE TOP