ひとり暮らしを楽しい快適な生活にするために

防犯対策~空き巣対策

空き巣に狙われやすい部屋とは
・ベランダや窓が道路から見えにくい場所にある
・建物の外に、足場になるような塀や外階段、ベランダなどがある
・車の通りや人通りが少ない場所にある
・ベランダがすきまのない作りで高く、外から内部が見えない
・街灯や門灯がなく暗い

空き巣に入られないために
・留守でも電気をつける⇒夜の帰りが遅くなるときは、照明のタイマーをセットしておき、自動的に明かりがつくようにします。夜外出するときも、部屋の電気はつけたままにしましょう。
・新聞や郵便物をためこまない⇒長期間留守にすると、郵便受けに新聞や郵便物がたまってしまい、留守であることがわかることになります。新聞は新聞店に休止を伝え、郵便物は郵便局で局留めの手続きをしておきます。
・玄関やベランダにセンサーライトをつける⇒人が接近するとセンサーがキャッチして自動的にライトが点灯します。
・玄関、窓に補助鍵を取り付ける⇒「ワンドア・ツーロック」が防犯には基本となっています。補助鍵は、ドアにキズをつけることがなく取り付けられるものもあるので、設置するとよいでしょう。
・合鍵を郵便受けや水道メーターの中に隠さないようにします。すぐに鍵を見つけられてしまいます。
・少しの時間でも鍵をかける⇒ゴミ出しするだけだからといって鍵をかけずに部屋をでてはいけません。ちょっと油断したすきに空き巣が侵入するかもしれません。必ず鍵をかけるようにしましょう。

 [スポンサーリンク]

防犯対策~ストーカー対策

ストーカー被害にあうのは、ひとり暮らしの女性が多いです。
・毎日同じ行動にならないようにする⇒毎日同じ時間、同じ経路で帰ると、行動パターンを知らせることなり、ストーカーが待ち伏せや尾行してくることがあります。 特にコンビニなど同じ場所に立ち寄ると、目をつけられることがあります。
・人気のない場所は通らない⇒人気のない場所はストーカーが待ち伏せしやすいので、そのような場所は通らないようにします。
・防犯ブザーを身につける⇒防犯ブザーを持っていれば、大声を出せなくても周囲に助けを呼ぶことができます。防犯ブザーはすぐに使えるようにポケットなどに入れておきましょう。
・エレベーターに注意⇒マンションのエレベーターでは2人きりで乗らないようにすることが大事です。乗る前は周囲を確認して、万が一途中で乗ってくる人がいたら、その階で降りるようにしましょう。
・ドアを開ける前に確認する⇒帰宅してドアを開けたときに侵入してくることもあります。ドアを開ける前に周囲に不審者がいないか確認します。
・個人情報の流出煮注意⇒住所や電話番号、メールアドレスなどが記載されている郵便物や請求書などは、シュレッダーにかけたり細かく破いてから捨てます。 コンビニで公共料金を支払うときは住所などを盗み見られることもあるので、払い込みは自動引き落としが安全です。

↑ PAGE TOP