ひとり暮らしを楽しい快適な生活にするために

アイロンがけのコツ

アイロンがけの絵表示タグ

アイロンは210℃が限度で、高い温度180℃~210℃でかけるとよい。 アイロンは160℃が限度で、中程度の温度で当て布をすること。 アイロンは80~120℃が限度で、低い温度でかけるのがよい。 アイロンがけはできない。

■ドライとスチームの使い分け
▽ドライ
綿や麻のシワをのばしたいときは、霧吹きを使って生地を湿らせてから、高温の熱と力でシワを伸ばします。
絹やレーヨンなどは水によってシミができやすいので、当て布をしてドライでかけます。
ポリエステルなど合成繊維は水分による効果はないため、そのままドライでかけます。
スムーザーやスプレー糊剤を使用するときもドライを選びます。
▽スチーム
スチームは細かい蒸気が出るので、水がしみ込みにくいウールなどに使います。
セーターなどの毛足の長い衣類は、アイロンを浮かせて蒸気だけをあてて、ふんわりと仕上げることができます。
ズボンやスカートの折り目をつけるときには当て布をして、しっかりと蒸気をあててかけます。

■テカリに注意
アイロンがけで一番注意することは、テカリがでないようにすることです。 それには衣類を裏返しにするか、または当て布をあててアイロンをかけます。 テカリが出てしまった場合 酢を水で2倍に薄めた中に布をひたして絞り、これをテカリ部分の当て布にしてアイロンをかけます。アイロンは押し付けず、浮かしぎみにします。

■アイロンがけのポイント
・ワイシャツ
1 カフス・衿⇒裏側からかけてから表側をかけます。それぞれ、先端部分から中心に向かってアイロンを押さえるようにかけます。
2 袖⇒袖口から肩に向かって一方向にアイロンを滑らすようにかけます。
3 ヨーク⇒縫い目のところをしっかりとかけます。
4 身頃⇒後ろ身頃の左右の端に向かってかけるようにします。前身頃のボタンホール部分は一直線にアイロンを滑らせます。
全体に霧吹きをして湿らせてからアイロンをかけると、パリッと仕上がります。洗濯後の生乾きの状態でアイロンをかけてもいいでしょう。
・ズボン、パンツ
裏返しをして腰回り、ポケット、縫い代などをかけます。表に返して、折り目に当て布をして押さえるようにかけます。
・ジャケット
ジャケットを椅子の背にかけるとアイロンがかけやすくなります。
・ニット類
アイロンを浮かせてスチームだけでかけて、ふんわり仕上げます。 ハンガーにかけたままかけてもいいでしょう。

 [スポンサーリンク]

↑ PAGE TOP